アトリエミストラル コンサート シリーズ

<基本的な考え方>

きちんとしたコンセプトを持ち、高度な演奏内容を提供できるコンサート。

 

 演奏時間:2時間(途中休憩あり)

 入場料:2000円以上

 ピアノ調律:原則入ります。

 

コンセプトをアトリエミストラルと演奏者が共有し、双方協力してコンサートを企画・開催し、聴衆の皆さまに音楽的に満足いただける内容を目指します。

 

 

<開催までの流れ>

 ①コンサートの企画

    演奏家の方からのお申込み、もしくはアトリエミストラルからの打診

    (できればご希望のコンサート日の3か月前にご相談ください)

    ↓

   内容及び、その内容に対してのアトリエミストラルとしての関わり方等を考慮し、

   アトリエミストラル主催とするかを決定します。

 

 ②出演料のご相談と合意

  【基本的な考え方】

   (入場料収入―諸経費)を出演者とアトリエミストラルで分けます。

   比率は都度ご相談の上決定します。

       

  諸経費:会場費(約20,000円)

      フライヤー作成費(ミストラルで作成の場合:印刷代実費+デザイン料)

      プログラム・チケット作成費(実費)

      調律費用

      JASRAC関連 等

 

 ③当日までのタイムスケジュールの確認

 

 ④事務手続き:以下についてご相談しながら進めます。

   後援申請手続き:各種メディアへの後援申請

   フライヤー製作:デザイン、印刷

   プログラム・チケットの印刷

 

 ⑤コンサートの告知

   HP/Facebookページ/ブログへの掲載(アトリエミストラル、演奏者ともに)

   各種メディアへの露出

   フライヤー配布:近隣の市町村ホールへの設置、コンサートへの折り込み 等

 

 ⑥コンサート当日

   会場設営、ピアノ調律

   リハーサル(原則として当日。前日の場合は会場使用料を請求させていただきます。)

    ピアノ調律はアトリエミストラル専属の調律師により実施します。

     調律師の指定は原則できませんが、ご希望内容によりご相談を承ります。

    受け付け(チケットの清算等)、駐車場案内、本番

 

 ⑦演奏終了後、出演料のお支払い、打ち上げ

 

 ⑧後片付け

 

特記事項)

 ・アトリエミストラルコンサートは演奏者とアトリエミストラルとの信頼関係の上に成り立っています。事前に合意した案件以外の要望や請求は、都度話し合いをもって判断させていただきますことをご了承ください。

 ・出演者とアトリエミストラルは同等の立場での実施が前提となります。

 ・双方協力して集客を行うことが条件となります。

  (具体的には演奏者側にて20~30名の集客をお願いします。)

 ・必要経費分の集客が見込めない場合は、出演料はお支払いできかねますので、ご了承ください。

 ・コンサート実施にあたり、基本コンセプトを共有し、演奏する曲などのすり合わせを行います。

 ・リハーサルを当日以外に行う場合(練習を含む)はスペース利用料及びピアノ利用料を請求させていただきます。