1905年製 プレイエル Model:3bis のご紹介

アトリエミストラルでは、1905年製フランス プレイエル3bisピアノを常設しています。

 

ショパンが愛したピアノとしても有名なプレイエルピアノは、人間の声のような温かい音色と繊細でありながら豊かな響きで、全世界にコアなファンを持つピアノです。

 

プレイエル社(フランス)について

2007年に創業200周年をむかえたプレイエル社は、ハイドンの友人で作曲家のイグナッツ・プレイエルによって1807年に創業されました。

「ピアノとは演奏者の声としての楽器であり、そして芸術品であるべき」と主張したイグナッツ・プレイエルは、その生涯を楽器創りに捧げました。その後2代目を継承した彼の息子のカミーユ・プレイエルのもとで、飛躍的な事業の発展を遂げました。彼は当時の幾多の著名芸術家と親しく関わり、彼らの意見を元にさまざまなピアノの改良を行いました。

 

また彼は、パリの名高い演奏会場「サル・プレイエル」を開設し、彼の親しい友人であるショパンをはじめ、歴史的音楽家たちがこぞって演奏会を開き、使用したプレイエルを絶賛、プレイエル社発展とその絶頂期と黄金時代をもたらす大きな原動力となりました。

 

中でも、ショパンはプレイエル・ピアノを「完全無欠」といい、生涯プレイエル・ピアノを愛用しました。カミーユの後を継いでプレイエル社を支えたのは二人の名経営者オーギュスト・ウォルフとその後継者となったギュスターヴ・リオンでした。彼らの時代にプレイエル社は最盛期を迎えまます。プレイエル・ピアノは現在までに実に200年もの間、世界の偉大な芸術家たちを魅了し続けています。

 

 

プレイエル3bisについて

プレイエル社では、1870年に初めて MODEL No.3bis が登場し、1900年代に入って現在の一体型フレームによる総鉄骨方式に改められた他、内部メカニックもプレイエル社独自のダブルアクションが装備されます。

アトリエミストラルに常設されたプレイエル3bis は、No.3bis型の完成形となる 164cmのモデルとして1905年に登場しました。このモデルは当時のプレイエルのグランドピアノの中でも、サイズと価格がお手頃で最も人気があった傑作の名望高いモデルで、グノーやマスネ、フォーレら世界的に著名な音楽家にも愛用されました。その後、このモデルは紆余曲折を経て現在 MODEL P-170としてその伝統は見事に現代に生き続けています。

 

その特徴は、プレイエルの理想を体現したと言っても良いもので、“シンキングトーン”を体現した、極めてまろやかに長く鳴りつづける声のように歌う響き、明快で艶と甘美さを兼ね備えた音色が演奏者のイマジネーションをかきたたせる魅惑的なピアノと言えましょう。