西川オルガン(日本楽器横浜工場製)1930(昭和5)年製4ストップ

西川寅吉により製作された西川オルガンは、明治~昭和にかけて数多く製作されましたが、現存するほとんどが完全ではありません。そのため、修復が必要となりますが、完全に修復できる人が非常に少ない現状です。

 

当館所有の1930年製(日本楽器横浜工場製)の西川オルガンは、日本で数人しかいないオルガン修理の達人 才気堂の渡邉祐治さんの手による完全修復を経て蘇った、音色も外観も大変美しいオルガンです。

 

現在はこちらのオルガンを使用して「リードオルガンで歌う会」を毎月第4火曜日14時~開催しています。

このオルガンでコンサートを開催したい演奏家の方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡ください。