About ~アトリエミストラルについて~

アトリエ ミストラル は、旧しののめ信用金庫の建物を利用したスペースとして、群馬県高崎市にオープンしました。ショパンが愛したピアノとして有名な 1905年製プレイエル3bis 及び完全修復済みの1930年製西川オルガンを常設し、定員80人程度までのサロンコンサート会場としてご利用いただけます。

 音楽・芸術文化の拠点となるべく、当館企画・主催のコンサートを開催しているほか、貸しスペースとしてご利用いただけます。

 

主な活動内容

(1)主催コンサート・イベントの企画・実施

 旧銀行の堅牢な造りと広いスペースによる響きの良さに加え、個性的なプログラムと質の高い演奏内容を提供しています。音楽を身近に楽しめるサロン的役割を担う存在として演奏家・聴衆及び地域に貢献しています。

 聴衆の皆さまには、上質の音楽と楽しいひとときを、

 演奏家の皆さまには、アトリエミストラルと共に作り上げる喜びと演奏に集中できるコンサートを提供しております。

 またワイン教室も企画しています。5月からさまざまなテーマを持った講座を展開します。

 

(2)貸しスペースとしてのご利用

 約120平方メートル、約80名ほどの客席を設置できます。

 壁の色は紺、グランドピアノや足踏みオルガン、アンティークのチェストやウォールランプがしつらえてあり、スポット照明でゴ―ジャズな雰囲気を演出できます。

 ピアノや音楽の発表会、リハーサル、アンサンブルの練習、各種イベント、セミナーの開催などにご利用いただいています。

 堅牢な造りのため長い残響があり、体に負担をかけずに演奏できるうえ、周囲に音がほとんどもれません。

アトリエミストラルの概要

<面積>  約120平方メートル ホール及び控室(旧金庫室)

<定員>  最大約80名

<駐車場> 平日昼:8~10台

      土日祝及び平日18時以降:約35台

<設備>  エントランス(自動ドア)

      トイレ(男女別)

      シンク

      照明(蛍光灯、スポット及びウォールランプ)

      冷暖房完備 

オーナーのご紹介

櫻井紀子(さくらいのりこ)

 群馬県高崎市生まれ。

 製薬会社に20年以上勤務後、早期退職制度を利用し退職。

 しののめ信用金庫移転に伴い、信用金庫の建物を自宅とし住むことになったこと、幼いころからの音楽が好きだったことが基盤となり、アトリエミストラルをオープンする。

 さまざまなご縁と偶然が重なり、プレイエルピアノ(1905年製)を2013年に購入。そのお披露目コンサートを開催したときに、コンサートの企画・主催・運営は天職と直感。以来、次々とつながるご縁で主催コンサートを開催している。

 質の高い音楽と個性的なプログラムを地域の皆様へ提供すること、演奏家を間近に感じられる「サロンコンサート」を演奏家・聴衆と共に作り上げることにやりがいと楽しさを感じている。

 

 また、日・英・米のワインのスペシャリストとしての顔も持ち、自主企画にてワインセミナーやワイン会を開催。また依頼セミナーも受け付けている。

 

好きな言葉は『日々是好日』。ブログのタイトルでもある。

 

ミストラルという名前に込めた想い

MISTRAL(ミストラル)とは南仏ローヌ河に冬に吹く乾燥した強風の名前。ローヌ河沿いはワインの産地としても有名で、このMISTRALにより、ワインの原料であるぶどうをはじめとする農産物は病害虫から守られます。

また、風は目に見えないけれど、枝を揺らし、花の香りを運び、季節の到来を感じさせてくれます。 

アトリエミストラルを訪れた方々がさまざまな風を感じていただけるよう願いを込めて、命名しました。